Japan

We accidentally buy some silkworm candy at Hokkaido’s Vending Machine Land

We attempt to get over our dislike of eating insects by… eating some insects.  Say ‘Japanese vending machine’ to people…

Read More »

「Chatwork アプリフォン」が開始–個人スマホにビジネス番号、ChatworkがBYOD事業参入

 ビジネスチャット「Chatwork」を運営するChatworkは5月19日、企業(法人、個人事業主)を対象とした「Chatwork アプリフォン」(iOS/Android版)の提供を開始すると発表した。BYOD事業への新規参入となる。  昨今の在宅勤務、リモートワークの急速な広がりに伴い、オフィスへの出社頻度は減少。そのため、従来はオフィスの固定電話を連絡手段としていた内勤者も、リモートワーク先での連絡手段の確保が急務となっている。加えて、オフィスの固定電話を廃止し、個人が私物として所有しているPCやスマートフォンを業務に使う利用形態であるBYOD(Bring Your Own Device)の需要が拡大しているという。  そこでChatworkは、柔軟で多様な働き方の実現および、中小企業の通信インフラコストの削減に貢献することを目的に、Chatwork アプリフォンの提供を決定した。  Chatwork アプリフォンでは、企業(法人、個人事業主様)向けに、初期費用、月額基本料金0円でビジネス向けの050番号を提供する。社員のプライベート携帯を利用し、ビジネス専用番号とプライベート番号を使い分けできる。また、最低利用期間や解約違約金などは設定されていない。  通話料は、固定、携帯向けで1分ごとに19.8円、IP電話向けだと10円。他社IP電話(050番号)の場合は12.5円。国際発信の場合は、発信先国で変動する。  着信転送は携帯電話宛てのみで、着信転送料は1分ごとに5円。  通話は、相手先の電話番号の前に「0037-67」を付けて発信する必要がある。ただし、専用アプリ「0037ダイヤラー」を利用することで、電話帳に登録してある連絡先など、「0037-67」を付けることなくそのままに発信が可能。  Chatwork アプリフォンにより、企業にとっては端末費用の削減や管理工数の削減につなげられるほか、個人にとってもプライベート携帯とビジネス携帯の2台持ち状態を解消できるというメリットがある。  同社は、2025年以降にビジネスチャットのChatworkが中小企業のビジネスの起点となるプラットフォームになることを目指している。その中で、中期経営計画の戦略のひとつとして、新サービスを含めたDXソリューション戦略を掲げている。  Chatwork アプリフォンは、4月の「Chatwork Mobile」のリリースと同様に、DXソリューション戦略における自社開発の新規サービス立ち上げの一環だという。  今後は、顧客基盤や販売パートナー網を生かしながら、中小企業への通信インフラ構築を支援し、ビジネスチャットのChatworkや、DXソリューション全般の支援へとつなげていく方針。…

Read More »

Komeito asks Kishida to hold G7 summit in Hiroshima

Natsuo Yamaguchi, head of Komeito, junior coalition partner to Japan’s ruling Liberal Democratic Party, asked Prime Minister Fumio Kishida on…

Read More »

A permanent One Piece-themed fitness gym is opening in Japan, now recruiting pirate trainers

The real treasure was the delts we blasted along the way. Reading manga and watching anime are both excellent ways…

Read More »

サントリーの「BOSS」と「ウマ娘」がコラボ–開発担当者の愛と情熱を語る広告も

 サントリー食品インターナショナルは、同社が展開しているサントリーコーヒー「BOSS」と、Cygamesが展開している「ウマ娘 プリティーダービー」(ウマ娘)がコラボレーションしたキャンペーンを、5月16日から開始した。  キャンペーンではウマ娘たちが、初代から現在に至るまでの歴代ボスジャンを着用した、さまざまなオリジナルコラボグッズが登場。コラボレーションのメインは、ウマ娘たちがトレーニング中に身に着けているトレセン学園ジャージのデザインをベースに開発されたオリジナル仕様の「#加速スキル付きボスジャン」。背面には「逆噴射型ファン」を2機搭載しているという。詳しい応募方法は、コラボキャンペーンサイトにて記載されている。 「BOSS×ウマ娘 プリティーダービー」コラボキャンペーンビジュアル 「#加速スキル付きボスジャン」  そのほか、歴代ボスジャンを着たウマ娘たちのオリジナルデザインのコラボグッズが今後続々と登場予定。キャンペーンの詳細は、今後BOSSの公式Twitterアカウント(@_craftboss)にて順次発表する。  なお今回のコラボは、BOSSの開発担当者が以前より個人的にウマ娘にハマり、その愛や情熱を自らの仕事につなげたい、想いを伝えたいというきっかけで企画がスタートしたという。その愛や情熱を伝えるための巨大な屋外広告を、新宿駅のメトロプロムナードにて掲出する。 屋外広告ビジュアル (C)Cygames, Inc. Share this news on your Fb,Twitter and Whatsapp File…

Read More »

Shanghai aims to reopen more COVID-19-shut businesses, while Beijing battles on

SHANGHAI/BEIJING – Shanghai will gradually begin reopening businesses such as shopping malls and hair salons in China’s financial and manufacturing…

Read More »

Man who accidentally received entire town’s COVID-19 relief money vanishes

Recipient said “I will not run” and then ran. Last month we reported on the curious case of one man…

Read More »

楽天モバイル、特典強化した新料金プラン–「0円」廃止、7月から従来ユーザーは自動移行

 楽天モバイルは5月13日、月額利用料(税込)が最低1078円、最大3278円の「Rakuten UN-LIMIT VII(ラクテン アンリミット セブン)」を発表した。  7月1日から新規申し込みの受付を開始。従来から提供する「Rakuten UN-LIMIT VI(ラクテン アンリミット シックス)」をアップグレードして提供。一方、これまでのプランでは1GBまで“月額0円”として無料となっていたが、新プランではその幅が無くなる形となっている。 Rakuten UN-LIMIT VIIの概要  UN-LIMIT VIIはUN-LIMIT VI同様、月間データ利用量に応じて月額料金が変動する。  月間データ利用量が3GB以下の場合の月額利用料(税込)は1078円で、3~20GB以下の場合は2178円。20GBを超えた場合は3278円で、楽天基地局に接続する楽天エリアにおけるデータ利用量の上限がなくなり、データ使い放題で利用できる。 価格イメージ  なお、UN-LIMIT VIから引き続き、国内のパートナー回線エリアは月間5GB、海外のパートナー回線エリアは月間2GBまで高速データ通信を利用可能で、データチャージも可能。楽天モバイルのコミュニケーションアプリ「Rakuten…

Read More »

Chinese aircraft carrier’s activity a “security concern,” says Japan general

Japan’s top uniformed officer of the Defense Ministry said Thursday that recent activities by China’s navy, including fighter jets taking…

Read More »

We slide down Osaka’s most famous tower and get free curry for it

It could be higher, but we’ll let that slide. Like many, I’m a guy who enjoys a good slide from…

Read More »
Back to top button
Close