Japan

Japanese woman dreams of her late grandfather eating noodles, gets a sweet surprise in the morning

Nothing tastes as good as a home-cooked meal. The other night, Japanese Twitter user Hamigaki (@___1_9_9_) had a dream about…

Read More »

日産自動車ら、横浜市で乗合型移送サービスの実証実験–急な坂道や狭い道、駅から遠い住宅地などを運行

 日産自動車、京浜急行電鉄、横浜国立大学、横浜市は、三井住友カード、小田原機器、あいおいニッセイ同和損害保険の協力のもと、11月1日から横浜市金沢区富岡エリアにおいて、「乗合型移送サービスとみおかーと実証実験」を開始すると発表した。    実施期間は、11月1日から2022年1月31日まで。運行時間は、平日、土曜が8時30分頃〜18時00分頃(日曜、祝日運休)。乗車運賃は、大人200円、小人100円(小学生)、未就学児無料。乗車方法は、手挙げによるコース上での自由乗降となる。  車種は、乗車定員8人の日産自動車「キャラバン」を利用する。新型コロナウイルス感染症への対応として、飛沫防止シートおよび、消毒液の設置のほか、車内換気といった対策を講じている。  実証実験地である横浜市金沢区富岡エリアは、急勾配な坂道や狭あいな道路が多く、バス停や鉄道駅へのアクセスが容易でない地域があるなど、交通課題を抱えているという。そこで、京急電鉄、横浜国立大学、横浜市の3者は、2018年から同課題に対し、実証実験を継続的に行っている。2019年からは、日産自動車が参画し、地域に適した運行方式の検証を進めていた。    4者は、今年度を本格運行に向けての最終段階と位置付け、過去3カ年の実証実験結果を踏まえ、利用ニーズが集中している坂道を中心としたコースおよび、駅から遠い住宅地へのコースに集約し、手挙げによる自由乗降での有償実証実験を実施する。  また、利用者から要望の多かった朝夕の運行時間帯の拡大、小人運賃の導入などに加え、「Visa」のタッチ決済、「PayPay」、「LINE Pay」といったキャッシュレス決済を導入し、更なる利便性の向上を図る。    さらに、同実証実験では新たに、横浜国立大学とあいおいニッセイ同和損保の共同研究により、とみおかーとに乗車のたびにポイントが貯まる外出促進アプリ「とみおかーとMoove」を導入する。  獲得したポイントは、カフェチェーン店やコンビニで利用できるクーポン券などと交換でき、徒歩や自転車移動などでもポイントが獲得可能。同アプリを通して取得する移動履歴などについては、同実証実験の分析に活用するという。  なお、同実証実験は、京急電鉄と横浜国立大学が締結した「産学連携の協力推進に係る協定」、横浜市と京急電鉄が締結した「京急沿線(横浜市南部地域)における公民連携のまちづくりの推進に関する協定書」に基づき、地域活性化に寄与し住みよいまちづくりを目指すものとなる。   Share this news on your Fb,Twitter…

Read More »

Japan’s LDP on course to keep majority in Lower House, according to recent poll

The ruling Liberal Democratic Party is on course to retain its majority in the House of Representatives in the Oct.…

Read More »

Squid Game work day – Testing out the secret tug-of-war technique【Pics, video】

Brains over brawn worked in the Korean drama, but will it work in the SoraNews24 office? The other day, as…

Read More »

東京ゲームショウ2021 オンラインの総視聴数は3947万回–VR会場は延べ21万人が来場

 一般社団法人コンピュータエンターテインメント協会(CESA)は10月19日、9月30日から10月3日まで開催した「東京ゲームショウ2021 オンライン」(TGS2021 ONLINE)について、公式番組の総視聴数は3946万5366回(期間は9月30日~10月11日)、初のVR会場となるTOKYO GAME SHOW VR 2021(TGSVR2021)の来場者数は、延べ21万566人(期間は9月30日~10月3日)となったことを発表した。  東京ゲームショウは、2020年に続き2021年もオンラインでの開催となり、オンライン展示会場に351の企業・団体が出展。会期中は、出展社による36番組と主催者による10番組を合わせた46の公式番組を配信。番組は、TGSのYouTube公式チャンネルやTwitter公式アカウント、ニコニコやSteamのTGS特設ページなどさまざまなプラットフォームで配信したほか、中国向けにはDouYu、bilibili、Douyin、Xigua、Toutiao、HUYAといった動画メディア、欧米向けには世界最大級のゲームメディアIGNと連携して配信を行ったという。  また初めての試みとなるVR会場も新設。来場者数は前述のとおり、延べ21万566人となり、平均滞在時間は約27分(1619.16秒)、デバイス比率はVRが66.7%、PCが33.3%としている。このほかプレスとインフルエンサーだけを対象とした展示会場を、幕張メッセに設置した。  なお、東京ゲームショウ2022については、9月15~18日に幕張メッセで開催予定としている。 「TOKYO GAME SHOW VR 2021」イメージ Share this news on your…

Read More »

Restaurants to trial entry with proof of vaccination or COVID-19 test

The government said Monday it will begin conducting trials this week using proof of COVID-19 vaccinations or negative test results…

Read More »

We try out a 100-yen store bowl designed for microwaving frozen udon noodles

This bowl went viral on Twitter…but for what?? We had to find out.  Hundred yen shops are veritable treasure troves.…

Read More »

パナソニックとトヨタ、モノづくり現場の安全を守る–「指ダミー」で事故未然防止

 パナソニックは10月15日、トヨタ自動車と共同で、指部への比較的軽度な傷害の未然防止に向けた評価用ツール「裂傷評価指ダミー」(指ダミー)を製品化したと発表した。人と機械が共存、協働するモノづくり現場において、接触時の安全性を評価する技術として活用していく。 「裂傷評価指ダミー」(指ダミー)  指ダミーは、ロボットなどの機械装置や家具など、指を挟み込むような狭い箇所に、人体に代わって挟み込み、裂傷の有無を確認できるというもの。指の挟み込みや接触といった、作業者の身の回りの危険をダミーで評価することで、安心、安全なモノづくり現場につなげる。  トヨタ自動車 モノづくり開発センター開発試作部生産プラットフォーム革新室ロボットシステム開発グループグループ長の吹田和嗣氏によると「自動車部品は固いものや尖ったものが多いという特徴があり、ロボット、ワークや治具、ツールに作業者の指が挟まれてしまうなどの事故が想定される。こうしたリスクに対する安全確保と確認が必要になるが、今まで安全を評価する手段がなかった」と現状を説明する。 トヨタ自動車 モノづくり開発センター開発試作部生産プラットフォーム革新室ロボットシステム開発グループグループ長の吹田和嗣氏  パナソニックでは、安全性評価技術について取り組むプロダクト解析センターをコーポレート戦略・技術部門内に設置。パナソニック プロダクト解析センター所長の難波嘉彦氏は「プロダクト解析センターは、パナソニックの事業を支える『商品』『生産』『解析評価』の3つの技術の内、解析評価技術を担っている。ユーザービリティ、材料分析など8つのコア技術を持つが、そのうちの1つが『電気・人体安全』技術になる」と説明した。 パナソニック プロダクト解析センター所長の難波嘉彦氏  その流れを汲み、人とロボットが共存する環境における安心、安全の確保についても技術開発を推進しており、すでに、人とロボットの接触における危害の程度を区別できる「Pain Sensing ダミー(上肢部)」を開発している。  Pain Sensing ダミーは、人体の痛みを感じる構造を皮膚下のセンサーと骨表面のセンサーで再現できるというもの。皮膚、皮下組織、骨から成る人間の腕の構造を素材を組み合わせることで再現し、ロボットと接触した際に生じる痛みを区別する。  指ダミーは、人とロボットの挟み込み時の安全性を評価する技術。無傷、軽微、中程度、重大、致命的と危害の程度を5段階に分けた時、軽微と中程度の危害を区別するため、裂傷を指標としているという。  人体の骨にあたる芯棒部に、皮膚にあたる軟材料(指ダミー部)を被せた構成。皮膚に見立てた軟材料は、実際の人体と同程度と推定される裂傷強度を持つ独自開発の材料を使用している。指ダミー部を機械などに挟み込ませ、その際に軟材料が受けるダメージの程度から傷害を可視化し、指部の軽度な傷害の予測とその評価ができるというもの。軟材料を交換することで、繰り返しの使用が可能だ。 裂傷が発生した様子…

Read More »

Dodgers outlast Giants to advance to NLCS

Cody Bellinger hit a one-out, go-ahead single in the top of the ninth inning to help send the Los Angeles…

Read More »

We try European Cup Noodle Soba flavors to see which ones come out on top 【Taste test】

How do European yakisoba flavors satisfy a Japanese palate? Cup Noodle is one of Japan’s top instant noodle brands, but…

Read More »
Back to top button
Close