Japan

Mandarake used bookstore branches banned from selling adult entertainment items for 180 days

Ruling by Public Safety Commission targets Tokyo shops that sold pornography with “obscene material.” Mandarake is best known for its…

Read More »

U.S. chip-gear makers told to wait for relief from China curbs

Secretary of Commerce Gina Raimondo had a sobering message for U.S. makers of chipmaking equipment this week: you’ll need to…

Read More »

ソフトバンク、PayPay子会社化で上方修正–楽天モバイルには「地に足を付けた議論を」

 ソフトバンクは11月4日、2023年3月期第2四半期決算を発表。売上高は2021年同期比3.1%増の2兆8086億円、営業利益は2021年同期比12.7%減の4986億円と、増収減益の決算となった。 決算説明会に登壇するソフトバンクの宮川氏  同日に実施された決算説明会に登壇した代表取締役社長執行役員兼CEOの宮川潤一氏によると、売り上げは全てのセグメントで増収となった一方、利益では政府主導による携帯電話料金引き下げの影響に加え、法人事業で一時的な減益影響があったこと、そしてヤフーとLINE事業で成長に向けた採用などの強化を図ったことなどが、減益に至った要因としている。 営業利益はほぼ全ての事業で減益に。携帯電話料金引き下げの影響に加え、好調な法人事業での一時的な減益影響や、ヤフーとLINE事業での成長に向けた投資などが影響した  一方でソフトバンクは、10月1日付けでスマートフォン決済のPayPayを子会社化しており、その企業価値を再測定した結果、2948億円の再測定益が計上されたとのこと。そこから無形資産の償却見積もりを加え、2022年度の上期にそれらの影響を加えると7674億円に達するとしている。  そうしたことからソフトバンクは、2022年度の通期業績予想の上方修正を実施。法人事業が減益となる一方、子会社化したPayPayを軸とした金融セグメントを新設、それらが業績予想に加わる形で当初「1兆円以上」としていた営業利益予想を、1兆500億円と具体的な形に修正するとしている。 PayPay子会社化よる再評価益によって業績の上方修正を発表。新たにPayPayを軸とした金融セグメントが追加されるという  その金融セグメントの業績についても宮川氏は言及。ソフトバンクが子会社として直接保有するPayPay、PayPayカードとPayPay証券、そして決済代行のSB Payment Serviceがこのセグメントに含まれ、PayPay銀行などのZホールディングス経由で保有する金融事業は含まれないとのことだ。  その軸となるPayPayは、登録ユーザー数が2021年同期比21%増の5121万人に達したほか、決済回数も2021年同期比43%増の23.8億回、決済取扱高もやはり2021年同期比43%増の3.5兆円に達しているとのこと。加盟店からの収益化によって売上高も2021年同期比129%増の532億円に伸び、好調が続いていることから「2022年度は赤字の見通しだが、早期に黒字化させて屋台骨を担う事業に育てていきたい」と宮川氏は意気込みを見せる。 PayPayは収益化が進み売上高は532億円に。赤字も減少しつつあることから早期の黒字化を進めたいとしている  そのために重要になってくるのがグループ内での連携であり、PayPayの顧客や利用の拡大にはソフトバンクやLINEの基盤を一層活用していく姿勢を見せている。またPayPayとPayPayカードを連携することで1人当たりの決済取扱高を増やしたり、PayPayのポイント運用によって利用者に投資の経験をさせることで、獲得単価を抑えながらPayPay証券の口座獲得につなげたりするなど、金融事業同士の連携による利用拡大に向けた取り組みも進められているようだ。 PayPayのさらなる成長に向け、LINEなどグループのシナジーを生かした顧客獲得などを進めていくとのこと  また宮川氏は、PayPayの上場に関して「目指している」と依然意欲を示しているが、上場に向けた黒字化の時期については「今は明かせる時期にない」と回答を控えている。 獲得好調なモバイル通信–非常時ローミングは早期実現を重視  PayPayと同様に注目を集める、モバイル通信を軸としたコンシューマ事業のセグメントについては、売上高が2021年同期比1%増の1兆3855億円、営業利益が13%減の3156億円と、依然料金引き下げの影響が大きく響いている。ただ値下げ影響はマイナス240億円と依然大きいが、縮小傾向にあり2022年度を底に大幅縮小が見込まれると宮川氏は説明。「ようやく魔の3年の終わりが見えてきた」と安堵のコメントも残している。 通信料引き下げの影響は2022年度が底となり、今後影響は大幅に縮小していくと予測しているとのこと  その一方で、スマートフォンの純増数は2021年同期比28%増の74万、主要回線の純増数も2021年同期比339%増の34万と順調で、「MNP(番号ポータビリティ)でも順調。全キャリアに対してプラス」(宮川氏)と獲得が好調な様子を見せている。それゆえコンシューマ事業についても上方修正を検討したというが、「下期の商戦期に備え維持した」と宮川氏は話している。 契約の獲得は非常に好調で、主要回線の純増数は2021年度比で3倍もの伸びに。MNPでも全キャリアに対して純増を記録しているという…

Read More »

How to befriend a famous Pokémon Go YouTuber? Challenge them to a Pokémon Pancake battle【Video】

SoraNews24 Reporter Ikuna wants to battle… for friendship! When it comes to making new friends, it’s important to have at…

Read More »

DAZN、「ペイ・パー・ビュー」ベータ版導入–「メイウェザーvsデジ」戦をライブ配信

 スポーツ・チャンネル「DAZN(ダゾーン)」は11月2日、「ペイ・パー・ビュー(追加有料コンテンツ)」ベータ版の導入を発表した。日本時間11月14日にドバイで開催の「メイウェザーvsデジ」を、ライブ配信する。 「メイウェザー vs デジ」戦  ペイ・パー・ビュープランは、11月2日20時よりDAZNにて申し込みを開始し、通常のDAZNサブスクリプションプランに2400円(税込)のペイ・パー・ビュー料金を追加することで試聴できるコンテンツ。ベータ版中のペイ・パー・ビュー料金は、国内発行のクレジットカード、PayPalに加え、iTunesアカウント使用したApple ID、Amazon IAP、Google Playのアプリ内課金で支払うことができる。  メイウェザーvsデジ戦のペイ・パー・ビュー配信は、日本時間11月14日午前1時30分よりアンダーカード、3時30分よりメインイベントの予定。世界が注目する一戦を、DAZN加入者向けペイ・パー・ビューとして配信するのは、DAZN Japanとしては初めてのプランとなる。なお、配信は英語のみとなる。  メイウェザー選手は、スーパーフェザー級、ライト級、スーパーライト級、ウェルター級、スーパーウェルター級の5階級制覇を無敗のまま成し遂げた史上初の選手。プロ引退後は、エキシビションマッチでリングに登場し、日本でも那須川天心選手、朝倉未来選手と対戦している。  一方のデジ選手はイギリスの人気YouTuberで、過去に2度YouTuber 相手にリングで戦った経験を持ち、プロとしての成績は1戦1勝。メイウェザー選手はかつて、人気YouTuberでプロボクサーのローガン・ポールと対戦しており、試合は判定なしでKOかレフリーストップでの決着というルールだったため、引き分けに終わったが、内容はメイウェザー選手が圧倒したという。 Share this news on your Fb,Twitter and…

Read More »

North Korea fires ballistic missile as U.S. and South Korean militaries train

North Korea fired off at least one ballistic missile Wednesday, Japan’s Defense Ministry said, as the U.S. and South Korean…

Read More »

Two Sushiro workers form the Conveyor Belt Sushi Union, seeking better wages and more

Among other grievances, workers allege that they are not paid fairly for their preparation time or labor and hours worked…

Read More »

マイクロソフト、USBメモリーから感染する「Raspberry Robin」について警告

 Microsoftは米国時間10月27日、USB接続のメモリー/ドライブを介して感染する比較的新しい「Raspberry Robin」ワームに関する警告を発出した。同社は過去30日間で、1000近い組織の3000台近くのデバイスに対して、このワームに起因するペイロード関連の警告を通知しているという。 提供:M-A-U / Getty Images  Raspberry Robinマルウェアは過去に、「FakeUpdates」マルウェアを用いてインストールされている事例が確認されている。FakeUpdatesは、ロシアのサイバー犯罪グループであるEvilCorpと関連があるという。またRaspberry Robinは、「LockBit」ランサムウェアのほか、「IcedID」や「Bumblebee」「Truebot」といったマルウェアをデプロイするために用いられてもいる。そして今回、「Clop」ランサムウェアをデプロイする目的でも用いられていることがMicrosoftによって確認された。  同社は、Raspberry Robinを利用したClopのデプロイを、「DEV-0950」として追跡しているグループの仕業だと推測している。また同グループのアクティビティーは、FireEyeが「FIN11」として追跡している高度なハッキンググループのものと部分的に一致している。FIN11は2021年に、被害者のデータをClopランサムウェアのリークサイトで公開している。  Microsoft Threat Intelligence Center(MSTIC)は同社ブログに、「DEV-0950はこれまで、フィッシング攻撃によって被害者の多くを生み出してきている。今回、Raspberry Robinの使用目的を変えるという彼らの注目すべき動きによって、既に感染している被害者の元にペイロードを送り込み、より迅速にランサムウェアの段階へと攻撃キャンペーンを移行することが可能になる」と記している。  セキュリティ企業のRed Canaryは、2021年9月にRaspberry Robinを発見した。同社によるとこのワームは、フォルダーに偽装したLNKショートカットファイルが保存されたUSBメモリー/ドライブを介して「Windows」システムにインストールされるケースが多いという。そしてこのワームは、標的となったユーザーがUSBメモリー/ドライブを接続することでPCやサーバーに感染するようになっている。Windowsではリムーバブルメディアの自動実行(autorun)機能がデフォルトで無効化されているものの、多くの企業がレガシーなグループポリシーを通じてこの機能を有効化しているとMicrosoftは指摘している。  MSTICが確認したところによると、Raspberry…

Read More »

Russia halts deal over Ukraine Black Sea grain exports after drone attacks

Russia on Saturday suspended participation in a U.N.-brokered Black Sea grain deal after what it said was a major Ukrainian…

Read More »

Japan created bedsheets that feel like petting a cat, and they sold out immediately

Cat lovers without a cat of their own to pet are really feeling Neko Feel. About a year ago, a…

Read More »
Back to top button
Close